COMPANY INFORMATION会社情報

社長メッセージ

スマートエナジーは、2006年の設立以来、金融技術と人的ネットワークを活用し、地球温暖化防止に向けた取り組みを続けています。2006年、経済産業省に働きかけ「排出量取引制度」の立ち上げを促し、CO2 削減を実現した事業者が正当に評価されるスキームを創出しました。その後、省エネルギーを推進するため、ビルの空調管理や節電に対する専門知識を持ったカーボン・カウンセラーを全国で約2,000名養成し、事業者の使用電力の削減に貢献して参りました。

 さらに当社は、太陽光発電や風力発電施設の新設・増設を目的としたファンドの組成といった、独自の金融技術を活かした環境ファイナンス事業でも多くの実績を挙げております。その他にもPPS(特定規模電力事業者)の新規参入コンサルティングなど、さまざまな角度から環境・エネルギー分野での事業を行っております。

 昨今では2016年11月のパリ協定発効に伴う脱CO2エネルギーの動きが世界規模で起こる中、当社では太陽光発電所を中心とした保守・運営事業を展開しております。維持管理業務にとどまらず、専門技術を活かした発電施設の改良・効率化といったコンサルティング業務も積極的に行い、再生可能エネルギー普及のパートナーとして進化し続けております。

 日本の再生可能エネルギーは、これから主要電源としての地位を獲得すべく技術を高めていく必要があります。だからこそ確かな先見性を持ち、時代に先駆けた施策を提案していくことが必要であると考えます。まずは日本国内で成功モデルを確立し、将来的には経済発展が進むアジア・アフリカ各国へビジネスモデルを提供することで、世界規模でのCO2削減、地球温暖化対策に寄与して行きたいと考えております。

 次世代に豊かな社会を引き継ぐために、スマートエナジーは今後も“知の力”を結集して、さまざまな環境事業に取り組んで参ります。

2017年1月

代表取締役 大串 卓矢

代表取締役 大串卓矢

代表取締役 大串 卓矢

東京大学農学部卒 公認会計士
中央青山監査法人、株式会社中央青山サスティナビリティ認証機構取締役を経て、
2006年株式会社日本スマートエナジー設立。
2007年株式会社スマートエナジー設立、代表取締役就任(現任)。
2015年HTBエナジー株式会社設立、代表取締役就任。

代表取締役社長 大串卓矢

企業情報

商号 株式会社 スマートエナジー Smart Energy Co., Ltd.
資本金 1,939,660,000円
設立 2007年4月
役員
代表取締役
大串 卓矢(Takuya Ogushi)

取締役
豊田 麻友美(Mayumi Toyota)

取締役
松本 勇二(Yuji Matsumoto)

取締役
京極 淳(Atsushi Kyogoku)

取締役
田中 敦史(Atsushi Tanaka)

監査役
坂井 豊(Yutaka Sakai)
従業員 96名(2017年11月現在)
事業内容
  • 太陽光、水力等の再生可能エネルギー電気の販売
  • 発電施設、設備ならびに同システムの企画、設計、施工、管理、保守ならびに販売
  • 環境ファンドへの出資の募集、その運営と対策
  • 排出量制度の調査・コンサルティング及び事業支援
取引銀行 三井住友銀行、みずほ銀行、千葉銀行

所在地

本社

〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目7番2号
八重洲三井ビルディング1F

TEL:03-6262-1472 FAX:03-6262-1473

九州支社

〒810-0073
福岡市中央区舞鶴1-1-3
リクルート天神ビル3F

TEL:092-406-5530 FAX:092-406-5531

ライセンス

名称 保有者 登録年月日 登録番号
金融商品取引業者登録票
第二種金融商品取引業者
株式会社スマートエナジー 平成22年7月20日
関東財務局長(金商)第2432号
宅地建物取引業者票 株式会社スマートエナジー 免許有効期間
平成26年6月28日~平成31年6月27日
東京都知事(1)第96749号
プライバシーマーク登録証 株式会社スマートエナジー 有効期間
平成29年1月8日~平成31年1月7日
登録番号 第17001403(03)号
電気保安法人認可登録(関東東北) 株式会社スマートエナジー 関東東北産業保安監督部
法人登録番号:5010401068911
電気保安法人認可登録(中部・近畿) 株式会社スマートエナジー 中部・近畿産業保安監督部
電気保安法人認可登録(九州) 株式会社スマートエナジー 九州産業保安監督部

加盟団体

JPEA
一般社団法人 太陽光発電協会
太陽光発電に関連する利用技術の確立及び普及促進を行う法人です。
詳しくはこちら
JPEA

グループ会社

日本スマートエナジー認証機構
株式会社日本スマートエナジー認証機構
温室効果ガス排出量の第三者審査を専門とする審査機関です。
詳しくはこちら
日本スマートエナジー認証機構

グループ会社ライセンス

名称 保有者 登録年月日 登録番号
国内クレジット制度審査機関登録証 株式会社日本スマートエナジー認証機構 平成20年11月7日 JCDM-VB0005
登録検証機関登録通知書(埼玉県) 株式会社日本スマートエナジー認証機構 平成23年10月31日 温対第757号
温室効果ガス妥当性確認・検証機関認定証
(ISO14064・ISO14065)
株式会社日本スマートエナジー認証機構 平成25年3月18日 GHG012号
登録検証機関登録通知書(東京都) 株式会社日本スマートエナジー認証機構 平成25年9月2日 25環都総第594号

関連会社

BAUENERGY
SDバウエナジー株式会社(特定建設業許可)
電気設備工事始め、再生可能エネルギー分野での建設事業を中心としております。
詳しくはこちら
BAUENERGY

環境宣言

基本理念

株式会社スマートエナジーは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、
全社を挙げて環境負荷の低減に努力します。

方針

株式会社スマートエナジーは、太陽光や水力など、石油等に代わる再生可能エネルギー事業の企画・開発・設計・運用管理、環境エネルギーに特化したファンドの組成・運用、多様化する環境ニーズに沿った最適なデータ調査・コンサルティングサービス、カーボンマネジメント事業における温室効果ガスの削減認証に基づく環境価値の創出等、
当社のすべての事業に関わる活動、製品及びサービスの環境影響を低減するために次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。

当社の活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。

  1. <1> 事務用紙使用量の削減
  2. <2> 電力使用量の削減
  3. <3> 環境人材の育成

一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が 入手できるようにします。
地域の環境改善活動に参画します。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2010年12月1日
株式会社スマートエナジー代表取締役 大串 卓矢