太陽光発電所向け AI警備システム

発電施設の警備に不安はありませんか?

近年、太陽光発電施設内にて銅線の盗難が急増しています。一度被害が発生すると、発電施設を再稼働させるまでに長期間の時間を要するため、盗難被害を未然に防ぐことが重要です。

スマートエナジーは、発電事業者が抱える盗難問題の解決策を提示すべく、次世代AI警備システム
『Solar AI asilla』
を提供いたします。

メールアプリが自動で開かない場合は、以下のメールアドレスを直接お使いのメーラーにコピーしてご利用ください。
CAMERA.AI@smart-energy.jp


ケーブル盗難に遭いやすい発電所の特徴

高圧・特別高圧規模の発電所

高圧は構造がシンプル。特高はケーブル径が太く長、山中など人気のない場所にあることが多いので狙われやすい。

むき出しのケーブルを
目視で確認できる発電所

一度盗難被害に
あった発電所

集中型PCSを
使用している発電所

分散型に比べ、集中型PCSは複数パネルから電力を集めるためケーブル長が長くなる。

事故被害に遭い損害補償を受けた場合、事故後の保険料が増額されます。つまり、一度被害に遭ってしまうと以降の保険料が割り増しとなるため、盗難被害に遭わない対策が重要となります。


AI警備システム『Solar AI asilla』とは

太陽光発電所での盗難に特化したAI分析技術を用いた監視システムです。

01

深夜でも40m以上の距離で
人間のみを検知

カメラの機種によって、IR付4KIPカメラの場合は、深夜でも40m以上離れた距離の侵入者を検知。4KIR付PTZカメラの場合は80m程度でも検知可能です。

02

24時間365日監視し、
即座に通報・駆けつけ対応

検知後はすぐに関係者に通報。その後、警備会社の駆け付け対応や、警察との連携も協議により可能です。

03

既設のカメラに接続でき、設置コストを削減

既設のカメラネットワークに接続できるため、サーバ導入のみでコストを抑えられます。また、スマートエナジーのO&M実績・経験から、侵入経路の警戒エリアなどを特定し、費用対効果のあるカメラ配置をご提案できます。

04

世界トップクラスの高度な
行動認識AI技術で被害を最小限に。

検知後はすぐに関係者に通報。その後、警備会社の駆け付け対応や、警察との連携も協議により可能です。

メールアプリが自動で開かない場合は、以下のメールアドレスを直接お使いのメーラーにコピーしてご利用ください。
CAMERA.AI@smart-energy.jp

「太陽光発電所のセキュリティを強化したい」「銅線盗難を防ぎたい」
発電所の警備なら、スマートエナジーにお任せください。