社長ブログ

スマートエナジー社長大串卓矢の社長ブログ
2018年7月9日 佐々木常夫さん講演 ヒアリングメモ

昨年になってしまいますが、ゼロックスさんの主催セミナーで佐々木さん(http://sasakitsuneo.jp/)の講演を聞きました。手帳に挟んで毎日持って歩いている講演のヒアリングメモですが、改めて読み直したのでメモしました。

 「AIで人間は余暇をいかに楽しく過ごすかが最重要となる」といわれるなか、本当にそうなのか?と思ってしまう、古い考え方なのか?

 働く君に贈る25の言葉

 1 「目の前の仕事」に真剣になりなさい(そりがあわない人とでも折り合いをつけて結果を出していく)
 2 欲を持ちなさい 欲が磨かれれて志になる
 3 強くなければ仕事はできない 優しくなければ幸せになれない
 4 人は自分を磨くために働く(自分の成長のために働く)
 5 「それでもなお」という言葉が君を磨き上げてくれる (それでもなおその人を愛しなさい)

 人間は向上心が大事だけど、AIの時代はどうそれを保っていくのだろうか。

2018年6月1日 太陽光事業に求められる「アセットマネジメントサービス」とは? 「再エネビジネス」最前線 太陽光事業に求められる「アセットマネジメントサービス」とは?

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/112100151/052400007/?ST=msb&P=3

2018年2月1日 shoe dog読みました

正月休みに、ナイキの創業時回顧録、shoe dogを読みました。

創業期に社長が奔走する姿に共感します。靴が好きっていう気持ち、負けん気、ライバルの存在、外国の取引先との付き合い、社員をやる気にさせる、有名アスリートとの契約など、記憶に残るエピソード満載です。

オススメです。

2018年1月31日 日経BP 再エネビジネス最前線 更新しました

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/112100151/?rt=nocnt

今回は、非化石価値に焦点をあてています。

2017年12月20日 再エネビジネス最前線

【広告】日経BPオンラインで連載中
 
http://techon.nikkeibp.co.jp/search/?q=大串卓矢
 
キャプチャ
 
毎月更新しています。
どうぞよろしく。

2017年8月2日 めぐるでんき開業

めぐるでんきの設立シンポジウムに参加してきました。

http://tamaempower.co.jp/news/2017/post-21.html

これからのエネルギー供給のあり方の一つの「形」だと思います。渡部さん頑張っていますね、応援します。

2017年7月14日 PVのライフサイクルCO2

太陽光発電はCO2を出さずに発電するけど、製造するにはエネルギーが必要なので、結果的に意味ないのではないかと言う質問があリました。その質問に答えを作ってみました。

太陽光発電システムの製造等に使用するエネルギーと作ったシステムの終身発電エネルギーを定量的に求めて、それを比較しました。

 

結果は下図に示すようにシステムの終身発電エネルギーシステムの製造等に使用するエネルギーとなり太陽光発電産業は非常に社会に有益な分野であると言えます。ライフサイクルCO2

2017年3月8日 新FIT法

新FIT法が4月から施行される。

それにあたって聞いた山崎新エネ課長の言葉を記載する:

新FIT法は再エネ電源を現在の13%の電源別シェアを22〜24%まで高めるために改正された。再エネが基幹電源となるために、コスト効率的・長期安定的になることが重要である。

 

コメントすると:

再エネはパリ協定のCO²26%削減コミットメントを達成するための重要な手段であるから、これは必達の目標である。再エネが基幹電源となるのは世界的な潮流であるが、そのためには、現在のように電力会社に頼るのではなく、電力会社から頼られるような電源にならなくてはならない。コストダウンと予測可能性、安定性をより一層高められれば、それが可能だ。

2017年3月1日 月間走行距離

2月は118キロ走りました。

4月にフルを走るにもかかわらず、ちょっと足りなかった。村上春樹の引用を自分用のメモとして載せる

 

筋肉は覚えの良い使役動物に似ている。注意深く段階的に負荷をかけていけば、筋肉はそれに耐えられるように自然に適応していく。中略。 しかし、負荷が何日か続けてかからないでいると、「あれ、もうあそこまでがんばる必要はなくなったんだな。あーよかった」と自動的に筋肉は判断して、限界値を落としていく。筋肉だって生身の動物と同じで、できれば楽をして暮らしたいと思っているから、負荷が与えられなくなれば、安心して記憶を解除していく。

 

自分が普段感じていることを、このように具体的にかつ、とてもわかりやすく記述できる才能って、素晴らしい。改めて思いました。

2017年2月13日 遮熱塗料の効果

当社の二本松太陽光発電所で、パワコンのエンクロージャーに遮熱塗料塗布実験をしました。省エネの世界では珍しくもなんともない技術の再エネの世界への転用です。省エネの世界では、ZEB・ZEHの実現を注力しており、熱の遮断効果はその実現にとても重要な事項です。

パワコンに対する効果も上々で、遮熱により、INVの効率性アップ、空調やファンの電力消費量が削減でき、PCS出力の1%程度の効率アップがあったようです。4〜10月の暑い時期に効果が発揮され、投資回収期間は3〜5年のようです。

真似をオススメします。

アーカイブ

  • 事業内容
  • 企業情報・理念
  • プレスリリース
  • 採用関連
  • 問合せ
セミナー情報
太陽光発電所のOMブログ
社長ブログ
募集中環境ファンド

太陽光発電所案件紹介

PV EXPO 2018