SEMINARセミナー情報

飛び立て!地域新電力!!~失敗する地域新電力の共通項は、「住民不在の地域創生計画」か~(2/27開催)

本セミナーの受付は、終了しました。

開催日程 2020/02/27(木) 18:30~20:30(開場18:15)
会場 中央区立環境情報センター【研修室1・2】 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン6階 
講師 村谷敬(むらたにたかし):株式会社 AnPrenergy 代表取締役、村谷法務行政書士事務所社長
講師プロフィール 成蹊大学法学部卒業後、村谷法務行政書士事務所社長としてエネルギー法務に従事。再エネ発電所の農地転用、都市計画法上の各種許可、企業・住民間のトラブル対応を担当。その後、エネリス、エプコにて受給管理に関する知識を習得するとともに地域新電力の立ち上げや運用支援を手がける。2017年に株式会社 AnPrenergy設立。これまでにおよそ120社の小売り電気事業者のビジネスに携わり、2011年以降では32社のプロジェクトを手がける。エネルギービジネスの最前線で幅広くコンサルティング業務を行う。
参加費 無料
定員 30名(定員を超える場合等、参加をお断りいただくことがあります。)

講座概要

電力小売全面自由化以降、600社を超える新電力が設立され、そのうちの約20%が地域電力である。しかし、設立時の推進力が持続されず、一部事業所(公共施設等)への供給から広く展開するに至っていない状況や、市民の認知度が非常に低い先も多い。地域新電力も経営体である以上、売上や利益の拡大といった成長を展望し、それをもって地域活性化への貢献策を初めて検討できるような実情があるものと思われる。本セミナーでは、こういった地域新電力の成長段階別にみられる課題(スタートの切り方、B2C営業、等)とそれに対する対策や各社の取り組みをご紹介することで、踊り場を迎えている地域新電力の経営者・実務者に、理想のモデルとその実現に向けたヒントをご提供することを企図している。


対象者

  • 地域新電力の立ち上げを目指す、或いは運営している、民間企業や自治体の方
  • 新電力事業の実務(需要家拡大、調達、需給管理、顧客管理、経営管理等)ご担当者
  • 地域新電力の第2ステージとして低圧家庭向け参入を検討あるいは開始した事業者のご担当者
  • など

プログラム

  • 18:30~19:20
    村谷敬氏

    Ⅰ.  地域新電力(自治体新電力)の最新動向と失敗/成功事例
    地域新電力の成功(制度改革後の生き残り)に向けての理想モデル

  • 19:30~20:30
    村谷敬氏 山村文也

    (パネルディスカッション形式)
    Ⅱ. 地域新電力の経営・実務のカギ ~滅ばず、羽ばたくために~
     A). 最小人数で最大効果を上げるための実務
     B). 赤字にならない経営のポイント
     C). 家庭の需要家を獲得できるのか?

  • 20:30~20:50

    Ⅲ.  名刺交換会

お申込みについて

本セミナーの受付は、終了しました。

  • お申込み受信後、メールにてお申込受付通知についてご連絡をさせていただきます。
  • お申込みから3営業日程度経過してもお手元に上記メールが届かない場合は必ずお電話にてご一報下さい。

お申込みのキャンセルについて

お客様のご都合でキャンセルをされる場合は、開催日より起算して4営業日前までにご連絡ください。

お問合わせ先

セミナーについて

担当:セミナー事務局
TEL:03-6262-1472(平日10:00 ~ 17:00) FAX:03-6262-1473 (24時間受付)

個人情報について

〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目7番2号 八重洲三井ビルディング1F
TEL:03-6262-1472(平日10:00 ~ 17:00) FAX:03-6262-1473 (24時間受付)

  • お申し込みいただきましたお客様の個人情報は、厳正な管理下で安全に保管し、当該セミナーに関する業務の処理及び今後のセミナーのご案内に利用させていただきます。
  • 当該セミナー講師以外の第三者へ情報を提供することはございません。