O&M BLOGO&Mブログ

太陽光発電所~3年次点検~2019.05.28


5月に入社しました山形 酒田SCのUと申します。入社したばかりでまだまだ慌ただしく勉強が続く日々ですが、時に厳しく時に面白く指導してくださる先輩方の下、充実した日々を送らせて頂いております。初めてのブログ投稿なので分からないことが多い中でも、読んでいる皆様に分かりやすくこの会社の良いところ、悪いところ(笑)等々…伝えていければなと思います!

さて、先日北海道の某所にて太陽光発電所の3年次点検に研修という形で参加させて頂きましたので作業の様子を拙い文章ですがお伝えしていこうと思います。

まず朝一は作業前の打ち合わせ(KYミーティング)から始まります。
班長である栃木SCのMさんが今日の作業内容、人員配置を説明し全員で危険予知活動をして安全行動への意識を高めてから各持ち場へと向かいます。

 停電前に稼働中のPCS運転状況を確認するHさん。

モニターを操作しエラー履歴等をしっかりチェックしています。停電してしまうと分からなくなってしまう箇所(異音、振動、温度等)を限られた時間の中、徹底して点検していきます。

 接地抵抗測定の作業状況です。

接地は設備機器を守る大事な部分です。接地工事の種類を確認しながら測定結果が管理値以内に収まっているかしっかりと点検していきます。

 特別高圧発電所内での絶縁抵抗測定の作業状況です。

班長のMさんとペアのIさんがブレーカーの投入状況等を相互確認しながら間違いが無いよう確実に絶縁抵抗計をあてていきます。絶対に間違えられない緊張感のある作業でした!お二方共お疲れ様でした!

といった感じで作業が進んでいき何事もなく無事に復電を迎えることができました。
このブログではまだまだ載せきれていないことがあるのですが、当たり前のことをいかに迅速、丁寧、適確にやるかという姿勢が大変勉強になりました。
自分も早く一人前になれるよう日々精進していきたいと思います。