社長メッセージ

 スマートエナジーは、2006年の設立以来、金融技術と人的ネットワークを活用し、地球温暖化防止に向けた取り組みを続けています。2006年、経済産業省に働きかけ「排出量取引制度」の立ち上げを促し、CO2 削減を実現した事業者が正当に評価されるスキームを創出しました。その後、省エネルギーを推進するため、ビルの空調管理や節電に対する専門知識を持ったカーボン・カウンセラーを全国で約2,000名養成し、事業者の使用電力の削減に貢献して参りました。


 さらに当社は、太陽光発電や風力発電施設の新設・増設を目的としたファンドの組成といった、独自の金融技術を活かした環境ファイナンス事業でも多くの実績を挙げております。その他にもPPS(特定規模電力事業者)の新規参入コンサルティングなど、さまざまな角度から環境・エネルギー分野での事業を行っております。


 昨今では2016年11月のパリ協定発効に伴う脱CO2エネルギーの動きが世界規模で起こる中、当社では太陽光発電所を中心とした保守・運営事業を展開しております。維持管理業務にとどまらず、専門技術を活かした発電施設の改良・効率化といったコンサルティング業務も積極的に行い、再生可能エネルギー普及のパートナーとして進化し続けております。


 日本の再生可能エネルギーは、これから主要電源としての地位を獲得すべく技術を高めていく必要があります。だからこそ確かな先見性を持ち、時代に先駆けた施策を提案していくことが必要であると考えます。まずは日本国内で成功モデルを確立し、将来的には経済発展が進むアジア・アフリカ各国へビジネスモデルを提供することで、世界規模でのCO2削減、地球温暖化対策に寄与して行きたいと考えております。


 次世代に豊かな社会を引き継ぐために、スマートエナジーは今後も“知の力”を結集して、さまざまな環境事業に取り組んで参ります。


2017年1月





代表取締役社長 大串卓矢
東京大学農学部卒 公認会計士
中央青山監査法人、株式会社中央青山サスティナビリティ認証機構取締役を経て、
2006年株式会社日本スマートエナジー設立。
2007年株式会社スマートエナジー設立、代表取締役就任(現任)。
2015年HTBエナジー株式会社設立、代表取締役就任(現在、取締役(非常勤)就任)。
代表取締役
セミナー情報
太陽光発電所のOMブログ
社長ブログ
募集中環境ファンド

太陽光発電所案件紹介