BUSINESS事業内容

省エネルギー・新電力事業

スマートエナジーでは、省エネに関する取り組みや再生可能エネルギーの導入に関する検討・調査業務、新電力業務支援コンサルティング業務を行っています。

国や政府の調査業務

  • 小水力発電
  • 太陽光発電
  • バイオマス発電
  • 風力発電
  • 地熱発電
  • バイナリー発電

スマートシティ

「スマートシティ」とは、「ITや環境技術などの最新技術を駆使してエネルギー効率を高め、省資源化を徹底した 環境配慮型の街づくり」の事です。

再生可能エネルギーの効率的な利用を可能にするスマートグリッド、電気自動車の充電システム、整備に基づく交通システム、蓄電池や省エネ家電など、最新技術を総合的に組み合わせ、環境に配慮した街づくりが模索されています。 世界中で既に200を超えるプロジェクトが進行中です。

スマートエナジーでは、環境事業での経験を活かし、日本や海外でのスマートシティプロジェクトにおける法令調査・FS業などを国や政府から請け負っています。

新電力(小売電気事業者)業務支援コンサルティング

「新電力」とは、2016年4月の電力小売全面自由化に合わせて多数設立された、登録小売電気事業者のことです。

事業所・工場・家庭等といった電気の使用者に対して、一般送配電事業者(電力会社)の送電網を使って電気を供給します。

地域の電力会社と電機の使用者(一般家庭・企業)とPPSの関係

画像を拡大する

新電力(小売電気事業)業務支援メニュー

オペレーション支援 需給管理
電源調達
制度アップデート
CO2クレジット取得・活用
営業支援 小売営業支援
アライアンス提案
省エネ活用
プロジェクト支援 再エネ開発支援・事業性評価
新商品スキーム構築、シミュレーション等支援

補助金申請支援

経済産業省・環境省・地方自治体等より、 多数の省エネ設備導入に対する補助金 (設備導入に対して、1/3~1/2の補助金)が公募されています。 省エネ設備を導入するには、補助金を活用することにより、投資回収年数を大幅に短縮することが可能ですが、補助金申請時に事業者様の準備する書類だけでも、数10種類存在し、事業者単独での申請は難しいのが現状です。

スマートエナジーは、各補助金の特徴を踏まえ、お客様の設備更新時期、予算規模、
また活用の目的に合った補助金を提案いたします。

補助金申請支援の流れ

  • 事業者または施工会社
  • スマートエナジー

補助金申請締切
15営業日前

補助金申請締め切り15営業日前の事業者・施工会社とスマートエナジーのやりとり

契約締結前までのアドバイスは
無料で実施いたします

補助金申請締切
10営業日前

契約の締結

補助金申請締め切り10営業日前の事業者・施工会社とスマートエナジーのやりとり

補助金申請支援のメリット

1.申請資料作成ご支援
  • お客さまからお預かりした過去のエネルギー使用データや更新設備情報を基に、補助金の申請書類を作成いたします
  • 各補助金で重視されるポイント、採択を受けるための「キモ」を熟知したスマートエナジーだからこそ、お客様に負担をかけない方法での申請が可能です
2.確定検査対応ご支援 採択後、補助金の交付を受けるまでの限られた期間に、設備工事及び支払を完了させるためには、綿密な事業スケジュールの立案が必要です
3.実績報告書作成ご支援 補助金申請時からの設備状態を把握したスマートエナジーだからこそ、計画と実績の双方を踏まえた報告書の作成が可能です

省エネコンサルティング

LED照明等、省エネ設備の導入に際しては、商品の性能のみならず、コストメリットや継続的に省エネ効果を得るための運用方法について知ることが有益です。
スマートエナジーは、省エネ効果を最大化する導入方法を提案いたします。

省エネルギー・節電・CO2削減診断に基づいた再生可能エネルギー設備の導入・更新からコスト削減、 アドバイザリー業務まで、トータルでサポートいたします。

  • 省エネルギー診断
  • 運用改善・設備導入のご提案
  • 導入設備選定支援
  • 補助金申請支援